10年間に終止符!バイクを降りた理由 | 手放したことに後悔なし!

バイク

どうも!なしざわです!
今回は私が10年間も続けた趣味である「バイク」を降りた理由について記事にしています!
また、降りようか悩んでいる人への回答も最後に書いています!

2021年、約2年半ぶりにバイク復帰しました!
バイク関係の記事も作成していく予定です!

私が普通自動二輪免許を取得してバイクに乗り始めたのは、17歳の高校2年生の時でした!

そして27歳になり、愛車のZX6Rを手放すまでの10年間、「バイク」は私の人生で最大の趣味でした。(画像が最後に乗っていたZX6Rです!)

ちなみに過去のバイク歴はこちらの記事で紹介しています!
【10年間】私のバイク歴 | 高校~大学~社会人でバイクを手放すまで

この10年間、バイクに乗っていたおかげで出会えた人、行けた場所、できた経験が本当にたくさんあって、バイクを最大の趣味にしていたことに全く後悔はないです。

そして、降りてはいますがバイクは大好きなままです!未だに雑誌とかは読んでしまいますね。笑

さて、そんな私がバイクを降りた理由はまとめるとこんな感じです。

・エンジニアへの転職 │ 優先すべきものができる
・バイクに浪費する時間とお金をもったいないと感じるようになった
・平日の昼や深夜に峠を走れなくなった
・友人が関東圏からいなくなってしまった

それぞれ個別に話していこうと思います!

スポンサーリンク

エンジニアへ転職 │ 優先すべきものができる

私はもともと公務員/幹部自衛官として勤務していました。ですから、それなり安定した地位で安定した給料を貰っていたわけです。

ところが、いろんな思いや考えがあり、現在は官公庁向けのソフトウェアを開発するエンジニアとして働いています。

転職を経験したことのある方なら分かると思いますが、転職ってものすごくエネルギーが必要です。特に私の場合は、文系・未経験からエンジニアになるためにIT・プログラムについてゼロから学習する必要がありました。

そうすると必然的に、趣味であるバイクに乗ってツーリングに行く余裕なんてなくなってしまいます。

趣味よりも圧倒的に優先すべきものが人生に現れたって感じです。

転職以外にも、就活や国家試験、結婚など趣味よりも圧倒的に優先すべきものができる時は絶対にある!

私の場合は「転職」というのが大きなきっかけになりましたが、「転職」以外にも「バイクを降りようか迷ってしまう」ようなライフイベントはあります。

バイクという乗り物が日常の移動手段としてなくてはならない人なら別ですが、そうでないならだんだんと乗らなくなってきます。

「バイクよりも圧倒的に優先すべきものができる」というのが、個人的には降りる理由としては1番大きいのではないかなと思います。

バイクに浪費する時間とお金をもったいないと感じるようになった

バイクという乗り物は乗らなくてもお金がかかります。どれくらいお金がかかるかというと、ZX6Rを乗っていた頃で年間17万6520円です。

月額にすると、1万4710円ですね!
ちなみにこれには、車体代のローンは含まれていません。

計算するにあたってグーバイクマガジンの公式サイトを参考にしました。こんな感じです。

そのお金と時間があれば何かに挑戦できるのでは?

お金がかかるのはもちろんですが、ツーリングに行けば時間も消費します。

「ツーリングに行くことで精神的なストレスから解放される!」
「バイクに乗れるから来週からの仕事も頑張れる!」
「バイクの仲間が人間関係の全てである!」


そういった方にとっては、「浪費ではなく消費」として必要なものなのでバイクは降りないほうがいいと思います。

まぁ、そもそもそういう人は「バイクを降りるかどうか悩むこともない」かもしれません。

しかし、そうではない人はバイクにかかるはずのお金と時間を投資すれば挑戦できることがたくさんあります。

それは仕事に関するスキルアップでもいいし、副業でもいいし、ブログやYouTube、SNSといった情報発信でもいいでしょう。

特に20代の人は自分の市場価値を上げれるような自己投資は少なからずやっておくほうが得策です。

そういう思考になると、バイクに浪費するお金と時間がすごくもったいないと思うようになってきます。

バイクを活用して情報発信をするのは?

これは凄くいいですね!むしろ、自分がやりたいと思ってしまいます。笑

これなら積極的に乗る理由にもなるでしょう!

平日の昼や深夜に峠を走れなくなった

大学生の頃は平日にツーリングに行ったり、深夜に峠を走りに行ったりと、とくかくクルマの少ない時間帯にツーリング行くことが出来ました。

しかし社会人になると、どうしても土日にしかツーリングに行けなくなります...

そうすると道路はどこも混んでいるんですよね。峠やワインディングもクルマが多くて、追い越しても追い越してもすぐにクルマにつっかえて全く気持ちよく走れません。(景色をゆっくり楽しむようなルーリングは私には合っていませんでした。)

対策としては早朝に走りに行くことですが、これなら確かに空いてます。朝の4時半くらいに起きてツーリングに行く情熱があれば...です。

私はいつの間にか早朝にソロでツーリングに行くほどの情熱は無くなってしまっていました...。
※いつか再燃する可能性は否定できないです。

友人が関東圏からいなくなってしまった

これも大きいですね...バイクに乗っていた友人たちが関東圏からいなくなってしまいました。

そもそもバイクを降りた友人もいますが、転勤で地方や他の都市部に異動になった友人もいます。

バイクはもちろん1人でも楽しめる趣味です!むしろ、1人でも楽しめることがバイクの醍醐味かもしれませんね。

でも、複数人で行くツーリングはやっぱり楽しいですよね!早朝とかにコンビニに集合するあの感覚好きでした。

ただ、バイク乗りの友人がいなくなってしまったことでそういう機会も無くなっり、「ひとりでどこに行こうかな~でも早朝に起きるのもだるいな~」っていう日が多くなりました。

結果として、意味もなく遠くの二輪館やライコランドにパーツやバイクを見に行くという意味のない行動をしてました。笑

SNSを活用すれば気の合う仲間を探せるかもしれませんが、そこまではしませんでしたね。

バイクを降りようか悩んでいる方へ

「バイクよりも圧倒的に優先すべきものができたら降りたほうがいい」

これが私の思う結論です。

私は高校2年生から10年間で、峠も走りまくったし、サーキットも走って、オフロードもやって、バイクでやりたかったことはほとんど出来たと思います。(頭文字Dに登場する峠は完全制覇?したような気がする)

エンジニアとして成長するためにバイクを降りましたが、未だに道路を走っているバイクは目で追ってしまいます。

たぶんバイク好きは一生治らないでしょう。

そんな私もバイクを手放す決断をしました。

バイクに乗る時間を惜しんででもやりたいことがある人は降りてもいいと思います。

乗りたいとき、乗れるようになったときにまた乗ればいいんです。

ちなみに、買いませんがKTM690SMCRが気になります!

読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました